角質培養と相性抜群のアイテムBEST3
エトヴォスミネラルファンデーション   

自信をもって外出できる

サッポーミルククレンジング   

純石鹸で乾燥するなら

フィネスサジー   

美肌づくりは栄養摂取から


白色ワセリンにも違いがあった!

こんばんは。モサコです。
1年ぐらい前に買った白色ワセリンがやっとなくなったので、新しいワセリンを買いに近くの薬局へ行きました。
今まではボトルタイプを使っていたのですが、チューブ入りの白色ワセリンを発見して即効購入してみました。


もしよかったら、1日1回ポチッとだけ応援してください。更新の励みになります!(もしできれば両方お願いします・・・)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

白色ワセリンにも違いがあった!


1503141.jpg

この薬局では、同じ白色ワセリンなのに、ボトルの白色ワセリンは、アンモニアやグリセリンとかと一緒に医療用皮膚用薬として販売されていました。
金額は50gで380円ぐらい。

チューブ入りの白色ワセリンは、ハンドクリーム売り場の中にありました。
金額は60gでうろ覚えですがたぶん450円ぐらい。

どちらも成分は白色ワセリンと書いてあります。
全然違う場所に置いてあったにも関わらず、『これって同じものでしょ!』と安易に考えて、チューブ入りの方が便利で衛生的だろうと思い、迷わず購入しました。

で、家に帰ってきて、本当に同じものだったのかな?と疑問が湧いてきて、ネットで調べてみると、な、な、なんと!
同じ白色ワセリンでも違いがあったのでした!

私が今まで使っていたものは、「第3類医薬品」「日本薬局方」という表記があります。
しかし、新しく買ったチューブタイプのものは、その表記はなく、「化粧用油」と書いてあります。
1503142.jpg
1503143.jpg

これには、ちゃんとワケがあって、「第3類医薬品」「日本薬局方」と書いてあるのは、日本薬局方の規格によってつくられ、医薬品としての厳しい検査を受けたものである証。
この表記がしてある白色ワセリンは皮膚科で処方されるものと同等の品質と考えていいそうです。

一方、「化粧用油」と書いてある白色ワセリンは、日本薬局方の規格に厳格に沿ってつくられていないため、多少品質が劣るのだとか。。。。

でも、ほとんどの人は「第3類医薬品」「日本薬局方」と書いてある白色ワセリンとの差を感じないそうですが、稀に皮膚が弱い人は刺激を感じることもあるらしいです。

あら~!!!
どうやら、間違って購入しちゃったみたいです!
売り場が違うのにはちゃんと理由があったのですね。(笑)
まあ、でも、あまり差を感じないということなので、自分の肌が刺激を感じないことを祈って使ってみようと思います。



※迷う人が多いのでは?
白色ワセリンとホホバオイルどっちがいいのか?

※ボトルタイプの白色ワセリンの使い方です。
白色ワセリンを長く使う方法

もしよかったら、1日1回ポチッとだけ応援してください。更新の励みになります!(もしできれば両方お願いします・・・)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top