角質培養と相性抜群のアイテムBEST3
エトヴォスミネラルファンデーション   

自信をもって外出できる

サッポーミルククレンジング   

純石鹸で乾燥するなら

フィネスサジー   

美肌づくりは栄養摂取から


美白化粧品でシミ

こんばんは。モサコです。
今年のゴールデンウィークは晴天続きだったので、うっかり日焼けしちゃった!という人も多いのではないでしょうか。
でも、もとの白い肌を取り戻そうとして美白化粧品に走るのはキケンかもしれません。


もしよかったら、1日1回ポチッとだけ応援してください。更新の励みになります!(もしできれば両方お願いします・・・)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

美白化粧品でシミ


私も以前は日焼けをしてしまったら、「美白化粧品でなんとかなる!」という考えでいましたwww
美白化粧品を使うと、肌がちょっと白くなるように感じたし、ニキビもできにくくなるように思いました。
でも、ちょっとピリピリとした刺激を感じることがありました。

サッポー美肌塾によると、シミに悩んで皮膚科を受診する人の4割近くが、美白化粧品と紫外線吸収剤が原因になっているという事が、医師グループの集計した共同レポートで報告されているそうです。

どうして、美白化粧品でシミを作ってしまうのでしょうか。

美白化粧品は、シミの原因になるメラニンをつくる細胞のメラノサイトの妨害をしたり、メラノサイトが作ったメラニンを漂白したりすることで、肌を白くします。

でも、このメラノサイトは表皮の最下層にある細胞。
美白成分を角質層のバリアを通過させて表皮下層まで届ける必要があります。
しかし、角質層は美白成分を異物とみなし排除しようとして反応するので、炎症がおきます。
恐らく、私が感じていたピリピリはこれが原因だと思われます。

最初は小さな炎症で気にとめないかもしれませんが、それが継続的に繰り返し続くことによって返ってシミをつくってしまうのです。

シミは、肌が何らかのダメージを受けた時に、メラニンを作ってダメージから肌を守ろうとしてできるものです。

普通は肌のターンオーバーと一緒に消えていくのですが、いつまでも消えないシミは、ダメージの原因がなくなっているのに、誤作動を起こして、ずっとメラニンを作り続けている状態なのだそうです。

その誤作動を本当に止めるには、負担や刺激を与えずに肌を育てて、正常な新陳代謝(ターンオーバー)ができる肌にするといいようです。

美白化粧品は手っ取り早いと考えがちですが、根本的な解決にはならないし、新たなシミをつくるリスクがあります。

やっぱり、時間はかかっても地道に肌を育てる方が本当の白くてきれいな肌を手に入れられるということですね。



※肌を育てるってどうやるの?という方はこちら
角質培養の方法とは?

※シミを極力作らないのも大事です
シミ予防にサングラスをかけていますか?


もしよかったら、1日1回ポチッとだけ応援してください。更新の励みになります!(もしできれば両方お願いします・・・)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top