角質培養と相性抜群のアイテムBEST3
エトヴォスミネラルファンデーション   

自信をもって外出できる

サッポーミルククレンジング   

純石鹸で乾燥するなら

フィネスサジー   

美肌づくりは栄養摂取から


宇津木式を続けるべきかどうか検討中です

こんばんは。モサコです。
いきなり「えっ?」というようなタイトルでごめんなさい。
少し前からかいているように、すごく肌が不安定でしかも悪い方向に向かっているような感じなのです。
今まで、宇津木式をベースに角質培養をすすめてきましたが、そろそろ限界かもしれません。
違う方向に転換しようかと考えています。

宇津木式を続けるべきかどうか検討中です


宇津木式スキンケア法をベースにした角質培養を続けて早1年以上が経ちました。
(宇津木式をベースにしているといっても、クレンジングはサッポーのものを使ったり、湯シャンは続けていなかったりしますが・・)

この間にインナードライだった肌が内側からふっくらしたし、鼻の毛穴はきれいになったし、目元のシワやほうれい線は改善したしでたくさんの成果を得ることができました。

でも、ここ最近、おでこにニキビ群ができて一時期よりも少し落ち着いたものの全く改善する兆しがないし、頬や口元にもニキビらしきものができています。
そして、そのニキビのできているあたりが痒い!

角質培養を始めたばかりの時にできたモサやニキビは、1ヶ月~2ヶ月ぐらいの短期間で一気にできて、少しずつ回復に向かっていくのがわかったのですが、今はもう3ヶ月ぐらいそのままの状態。
一旦落ち着くことはあっても、全体的には悪化しているように感じるのです。

これは、そろそろ今のスキンケア法を変える時期にきているのかもしれません。

私が参考にさせてもらっている角質培養を実行されている方のブログに、医学博士の解説が載っていたのですが、「肌断食で効果があるのは、間違ったスキンケアを過剰に行ってきた方」「(そうでないなら)最低限のスキンケアは必要」だということでした。
(肌断食は宇津木式とほぼ同じようなスキンケア法なので、宇津木式も同じように考えていいと思います。)

これを読むと、私が今まで宇津木式で成果があったのは、それまでやっていたスキンケアが間違いすぎていて、それをやめたことで肌が回復に向かったからではないかと思います。

でも、この先ずっと何もしないままでいいかというと、現状を見る限りそうでもないような気がしてきました。

角質を守るという角質培養の基本ラインは守りつつ、宇津木式とは違う方法を探してみようかと思っています。

一応、誤解のないようにかいておきますが、角質培養はやめませんよ~!方法を変えてみるだけです。



※ずっと使っています!角質培養にピッタリなミネラルファンデーション
肌に優しいミネラルファンデーション「エトヴォス」

※今までの角質培養の成果はこちら
角質培養の経過


もしよかったら、1日1回ポチッとだけ応援してください。更新の励みになります!(もしできれば両方お願いします・・・)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top